マシンを使った痩身法やクマ治療~自分の線維芽細胞(FGF)で目の下のたるみ治療~

医師

瞼が下がる病気です

顔

眼筋が衰えて起こります

危険を察知したときや、目が乾燥してきたとき、瞼は無意識に閉じることができます。瞼を上げ下げできるのは眼瞼挙筋という筋肉が動眼神経を動かして行っています。高齢になると瞼を開こうと思っても上手に開くことができなくなり、この症状を眼瞼下垂と呼んでいます。眼瞼下垂は眼瞼挙筋が正常に働かなかったり、動眼神経に不具合が起こることで生じます。中には先天的に眼球の大きさが小さかったり、病気による眼球の委縮、瞼の皮膚がたるんできても起こります。先天性の眼瞼下垂が多く、眼瞼挙筋の形成に不具合があるのが主な原因です。高齢者に多い眼瞼下垂は筋力が衰える事で起こり、無理に目を見開こうと無理をして筋肉を使うために疲労感を伴い、額や目元周辺に皺が出る事があります。

疲労を伴う場合があります

疲労と伴う眼瞼下垂の原因に、重症筋無力症が引き起こすことがあります。筋肉が上手に動かなくなる病気で、抗コリンエステラーゼなどの薬物を使用して治療を行います。また、加齢による眼瞼下垂であれば整形外科にて治療していくことが出来ます。整形外科では年齢によってたるんできた目元にアプローチすることで、目元が明るくなります。主に眼瞼下垂はいくつか段階がありますが、強度の状態になると年齢が高くも見えてしまうので、多くの人が若々しさを取り戻すためにも整形外科にて治療を受けています。ダウンタイムや施術後のケアに関しても、多くの整形外科がしっかりと対応してくれるので安心です。