マシンを使った痩身法やクマ治療~自分の線維芽細胞(FGF)で目の下のたるみ治療~

医師

傷跡が残らない治療とは

スキンケア

結膜からアプローチします

目の下に黒っぽいくまができている場合は、肌たるみによって作り出された影がくまのように見えてしまっている可能性が高いです。肌そのものに色がついているわけではありませんので、色素沈着を除去する治療などは効きません。黒くまを消したい場合は、肌の上に影を生じさせている原因の肌たるみを治す必要があります。一昔前までは、下まつげの際にメスを入れ、たるんだ皮膚を切除する美容整形手術が行われるのが一般的になっていました。しかし、近年では、皮膚ではなく結膜側からアプローチする美容整形手術が行われるケースが増えてきています。具体的にどのような美容整形手術なのかを簡単に説明すると、下まぶたの裏側の結膜に小さな穴を開け、そこから余分な脂肪を除去する手術です。美容整形手術につきものの傷跡が外から見える部分に残らない方法であるため、高い人気を集めています。

経結膜脱脂術

結膜に開けた穴から脂肪を除去して黒くまを消す美容整形手術は、経結膜脱脂術という名前で呼ばれています。先程述べたことの繰り返しになってしまいますが、皮膚にメスを入れるわけではありませんので、目立つ傷跡が肌に残ってしまう心配がありません。また、粘膜の傷は治りが早いため、皮膚を切開する手術に比べるとダウンタイムが短縮されます。目の下の黒くまは、眼球を覆っている脂肪が加齢の影響で下垂し、目の下の皮膚を前方に突出させることによって生じる場合が多いです。したがって、皮膚にメスを入れて前方に飛び出している皮膚と脂肪を一緒に切除してしまう方法が一番手っ取り早い治療方法ということになります。しかし、皮膚の切除量が多すぎると、結膜が常に露出した「アッカンベー」状態になってしまうリスクがあります。でも、経結膜脱脂術であれば、そのような後遺症が発生してしまうおそれがありません。