マシンを使った痩身法やクマ治療~自分の線維芽細胞(FGF)で目の下のたるみ治療~

女性

マシンを使った痩身法

婦人

ゼルティックは最先端の痩身マシンを使った美容整形外科のダイエットの施術である。ゼルティックは部分痩せに最適なダイエット法で、リバウンドの心配はない。メスを使用しないため、安全性に優れたダイエット法である。

View Detail

瞼が下がる病気です

顔

眼瞼下垂は眼瞼挙筋や動眼神経に不具合が起こり、瞼が上手に動かなくなる病気です。あるいは加齢によってまぶた部分が垂れ下がってきている状態です。先天性などであれば医療機関での治療が必要ですが、加齢からくるものであれば整形外科での治療が可能です。

View Detail

傷跡が残らない治療とは

スキンケア

眼球を覆っている脂肪が下垂して、目の下の皮膚を前に押し出してしまうようになることがしばしばあります。突出した皮膚が作り出す影が、黒くまと呼ばれる症状の正体です。皮膚を切らずに黒くまを消したい場合は、経結膜脱脂術という名前の美容整形手術を受けるとよいです。

View Detail

自分の線維芽細胞で治す

フェイス

コラーゲン生成の源

目の下のたるみを治療するには切開手術による改善法もありますが、やはり巷で今人気があるのは切開手術によらず簡単にできるタイプの施術法です。その中でも新しい方法として話題になっているのが、FGF注入という治療法です。FGFというのは線維芽細胞増殖因子というものです。線維芽細胞は肌の奥にあり、真皮の健康を保つために重要なコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどを生成しています。つまりFGFは、肌がいつまでも若々しくあるためになくてはならない細胞です。FGF注入による治療では、自分自身の身体から採取した線維芽細胞を増殖させて目の下などたるみの気になる部分の治療に用います。ヒアルロン酸注入の場合に使われるヒアルロン酸は自分自身のものではないのですが、FGFは自分の細胞なので拒否反応などの心配が全くないという点が人気の秘密です。

定着した線維芽細胞が再生

目の下の肌にたるみが生じる原因は、肌の中にある線維芽細胞の機能が弱ってくるということです。これには加齢や紫外線、刺激物質などの要因が関わっています。目の下のたるみを改善しようとコラーゲンをドリンクなどで飲む人もいますが、いったん機能が弱まった線維芽細胞はそれ自体を活性化してやらない限り、コラーゲンを飲んで補っても目の下のたるみを改善することができません。これは外部から化粧品などでコラーゲンを補う場合も同様で、線維芽細胞が健康でなければ目の下のたるみを治す効果が期待できないのです。FGF注入による治療では、増殖した線維芽細胞自体を皮膚の内部へ注射するので、肌内部へ送り込まれた線維芽細胞はそこで定着し、再生して活発にコラーゲンを生成することができるようになります。これがFGFによる目の下のたるみ治療のメカニズムです。